オリジナル製作 1枚から DREAM PRINT SK
オリジナル製作 1枚から DREAM PRINT SK

Adobe入稿 デザイン方法(Adobeソフト)

Adobe illustrator・photoshop
AIデータが一番綺麗
画像データと異なりベクタ形式のAIデータが生地に一番綺麗にプリントできます。

illustratorご使用でのご入稿の注意点

文字はアウトライン化、原寸サイズ、特殊効果は避けてご入稿下さい。

◇文字は必ずアウトライン化して下さい。
◇デザインの大きさは実際にプリントしたい大きさにして下さい。
◇線の太さは0.5mm以上にして下さい。
レイヤーは結合して一つにして下さい。
※ボカシ(ぼかし影等)や、透かし等の透明効果、特殊加工等は再現されにくいのでご使用は避けて頂きます様お願い致します。(ステッカーのみ特殊加工もプリントできます。)
特殊加工について

文字はアウトライン化、原寸サイズ、特殊効果は避けてご入稿下さい。

illustratorに画像を張り付けてaiデータとして保存したものは拡張子はaiとなりますが、aiデータ扱いではなく画像データと同じ扱いになります。

photoshop(PSD)ご使用でのご入稿の注意点

背景は透明、解像度200~300dpi、原寸サイズ、特殊効果は避けてご入稿下さい。

◇デザインの大きさは実際にプリントしたい大きさで解像度350dpi以上にして下さい。
◇線の太さは0.5mm以上にして下さい。
レイヤーは結合して一つにして下さい。
◇ベタ塗り以外は背景を透明にして下さい。JPGファイルは背景を透明にできません。背景が透明でないと白くプリントされてしまいます。 背景透過が不可能な場合は弊社でも無料で承ります。(※有料の場合もあります。)
背景透過について

※ボカシ(ぼかし影等)や、透かし等の透明効果、特殊加工等は再現されにくいのでご使用は避けて頂きます様お願い致します。(ステッカーのみ特殊加工もプリントできます。)
特殊加工について

低解像度ではガタツキ、ぼやけが出ます。最初から350dpi以上で作成してください。

●なるべくデザインを作成し始める段階から解像度350dpi以上で実際にプリントする大きさで作成して下さい。プリントする大きさより小さく作成したものを拡大してプリントしたり、低い解像度のデータを後から高解像度にしてもあまり綺麗にはなりませんのでご注意下さい。低解像度のデータしかない場合は可能な限り無料修正致しますのでご相談下さい。

背景透過入稿について

ベタ(塗りつぶし)ではない場合は背景を透明にして下さい。

背景が透明になっていると、パソコン上では背景が白とグレーの格子状になります。この状態が背景が透明の状態です。この状態ですと、ご希望の形でプリント出来ます。背景が白くなっているとパソコン上では透明の様に思いますが、実際は背景に白が入っていますので、白い四角のあるプリントになってしまいます。ベタ塗りで背景にも全て色がついている場合以外は背景に白とグレーの格子が出た状態でご入稿下さい。線が細い、複雑なイラスト等の場合を除き弊社でも無料で背景透過承ります。※複雑なもの、異なるデザインの透過処理が多数ある場合は有料になります。

特殊加工について

画面上で格子が透けていない状態だと白フチが出ません。

データー上ではボカシは背面になじんで見えますが、生地にプリントすると白くなってしまいます。ボカシ効果(ぼかした影等)を入れたい場合は白い生地をおすすめします。イラストを描く場合のブラシやペンツールも画面上で格子が透けて見る状態は透明効果ありの状態ですのでご注意下さい。弊社で多少の修正は可能ですが、透明効果があるとカラー生地では白が出ますので白い生地にプリントがおすすめです。

白フチが出ない例

【例/Photoshop】
境界線を例えばブラシツールで描く場合、硬さ100%で透明効果なしで描くとカラー生地にプリントの場合でも綺麗にプリントできます。

弊社でも編集出来る場合もございますのでデータに不安がある場合はお気軽にご相談下さい。

オフィスソフトご使用のデータ入稿について

オフィス用ソフトはプリントに向きません。

WordやExcel、Powerpointなどのオフィス用ソフトで作ったデータは印刷用には向きません。PDFに変換してご入稿下さい。弊社で無料にて変換はしますが出来ない場合もあります。文字化けする事もありますのでご注意下さい。

入稿方法

プリントしたいアイテムのお見積りまたはご注文フォーム送信後に表示される送信完了画面に記載のデザイン入稿メールにてご入稿下さい。

まずはアイテム選びから!

休業日
カレンダー
カレンダー
オリジナル作製1枚からドリームプリントSK

PAGE TOP